隠れ家的日々語り

人生、いろいろ。毎日、いろいろ。

‪共感されたい理解されたい欲というか、感覚を否定されたくない欲みたいなものって誰でも大なり小なりあると思うけど、自分が他人の気持ちや感覚を「なんもわかんねぇ」ってなったり、「本音ではこうだけどこの人はこう言われたいんだろうな」みたいなこと口から出すことはないのかな。

 

それとも言ったらそれがら本心ってことに置換されるのかな。

それをするのが優しさって事になっているかもしれないけど…。

 

どこまで行っても、わかったつもりにしかなれないのに、他人にはそういう期待や欲を抱えて生きるのは、生きづらさを自分で作り出しているとも言えるような…。

 

こういう話をすると、あなたは環境に恵まれているからだ、とか、あなたがたまたま強いだけでみんながそうじゃないって言われるんだけど。

 

宝くじみたいな確率のために今後もずっとそういう飢えを感じて、常にゾンビみたいに他人の感情にたかって生きていくほうが、エラー出る回数多くて辛い時間長くなると思うんだよな。

 

運用でカバーするより、自分でデバッグする方が確実だと思うんだけどな。